診療内容

西井皮フ科メインイメージ

当院では、皮膚アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、薬疹、接触皮膚炎)・乾癬・白斑・掌蹠膿疱症・脱毛症・皮膚腫瘍(良性、悪性)など、難治性皮膚疾患に対するオーダーメイド医療の提供と、花粉症・気管支喘息・アレルギー性結膜炎・肥満・高血圧症・痛風・糖尿病など各種慢性疾患に対して中医学的弁証に基づいた漢方専門医療の提供(針治療も含む)を行なっております。

併せて光線治療(ナローバンド、エキシマレーザー)、手術療法(皮膚外科、いぼ焼灼など)、各種アレルギー検査(パッチテスト、皮内テストなど)も行なっております。地域の皆様に広く利用していただけるよう、全ての病気に対応できるよう、成果があげられるよう努力してまいります。
(中医学的弁証とは『黄帝内経』を起源とし、『傷寒論』で成熟して今日に至った中国医学の基本的な特徴であり、その歴史は2,000余年におよぶとされています。証とは、客観的に存在する病理状態を示すものであり、証に対する認識・判定が弁証になります。正確に証をとらえ、病変の本質を認識していくためには中医学基礎理論への習熟が必要とされます)

西井皮フ科メインイメージ

診療科目一覧

皮膚科・アレルギー科・漢方内科

診療内容〈一部〉・特色

接触皮膚炎(かぶれ)

原因検索のためのパッチテスト、原因の除去・代用品の紹介、顔面の場合は化粧指導を行います。元々皮膚がかぶれ易くアザにすぐなりやすい人は、中医学的に言えば気虚や陽虚(疲れやすい、息切れしやすいなどエネルギー不足や冷え性、のぼせやすいなど)の人が多いので漢方薬で体質改善もします。

シミ、クスミ、小じわ

肝斑や老人性色素班、母斑など年齢や紫外線の影響で増えてまいります。ハイドロキノン、アスコルビン酸、イソトレチノイン、アスタキサンチンなどの外用(保険外治療)と、日焼け防止を中心とした化粧指導、中医美容皮膚科学の基礎に基づいた食養生と漢方治療を行います。

アトピー性皮膚炎

食事指導(食材、食べ方、食べる時間と量)中心。次に外的な悪化要因を除く(例えば石鹸、シャンプー、リンス、化粧品による慢性的な刺激を取り除く)。治療については可能な限り入浴しない、外用剤はかぶれの時以外は使用しない。中医学弁証に基づく漢方治療で体質改善を円滑に行います。光線治療は(ナローバンド、エシマレーザー)有効な時のみ併用します。

手湿疹、汗疱、掌蹠膿疱症

原因検索と生活指導で多くは改善します。当院では漢方治療で体質改善を促し、光線治療を併用して早期の完全治癒を目指します。

乾癬

社会的ストレスから、アルコール過飲と濃厚な味の食事を繰り返すことによる糖尿病や高血圧、肥満、肝機能障害、高尿酸血症などの成人病をもつ人がほとんどです。できる限り早期に食事指導を厳密に行い、ストレスとうまく付き合うように指導できれば早期の改善が可能です。慢性期の患者さんが多く、光線治療(ナローバンド、エキシマレーザー)、液体窒素による凍結療法など、種々の治療を組み合わせながら、根気よく現実に則した生活指導を行っています。

脱毛症

小範囲の円形脱毛症から多発、全頭脱毛、汎発型脱毛に至るまで治療を行っております。漢方治療、針治療、光線治療が中心です。男性型脱毛症の内服治療(フィナステリド)も行なっております。

皮膚腫瘍(良性・悪性)

イボや黒子、粉瘤、ガングリオンなどの良性腫瘍から皮膚癌に至るまで手術、電気焼灼(高周波ラジオ波)、冷凍凝固術により対応させていただきます。

診療時間

午前9:00~12:00
午後16:00~19:00 休診 休診

休診日

日曜祝日、木曜と土曜の午後